荒井寛方

[ 1878 - 1945 ]

ARAI, Hirokata
荒井 寛方
荒井 宽方
아라이 히로카타

1878 栃木県氏家町(現在のさくら市)に生まれる
1899 浮世絵風俗画の水野年方に師事
1902 雑誌『国華』で古絵画の模写に従事する
1907 第1回文展に入選。その後も文展で活躍
1914 再興日本美術院に横山大観らとともに参加 
1916 インドに渡る。詩人タゴールらと交流
1917 アジャンター壁画の模写をする
1918 日本に戻る
1939 法隆寺金堂壁画の模写事業に参加
1945 模写事業中途で脳卒中のため死去

主な作品

阿弥陀 1913(大正2)年
玄奘と太宗 1927(昭和2)年
龍虎図 1931(昭和6)年