コレクション展

新型コロナウィルス感染症の感染予防・拡散防止のため、予定が変更になる場合がございます。

Collection Ⅱ 特集 小堀鞆音

小堀鞆音《業平朝臣角田川詠歌図》[前期展示]

開催期間 2022年7月16日[土]- 10月6日[木]
前期:7月16日[土]- 8月14日[日]
後期:8月16日[火]- 10月6日[木]
※9月5日[月]- 23日[金]は休館

 小堀鞆音(1864-1931)は、下野国安蘇郡小中村(現・佐野市小中町)生まれ。川崎千虎に師事。有職故実研究に基づく歴史画家としての修業を積み、当時最も重視された絵画ジャンルである「歴史画」の第一人者としてその地位を確立した。東京美術学校で教鞭を執ったほか、「歴史風俗画会」を結成し武具や甲冑の研究にも務め、歴史画の研究と発展に寄与した。また、安田靫彦や羽石光志など歴史画を得意とする後進の画家たちも育てた。本展では、近年収蔵された作品を中心に、近代歴史画の大家である鞆音の画業を概観する。

 

*会期中、一部展示替えがあります。

開催場所: 常設展示室1・2階
観覧時間: 午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
休館日: 月曜日
*詳しくは[ カレンダー ]をご覧ください。
観覧料: 一般 260(200)円、大高生 120(100)円、中学生以下無料
*企画展観覧券でコレクション展もご覧いただけます。
*( )内は20名以上の団体料金
小堀鞆音
《詩歌管弦》(右隻)
[後期展示]
小堀鞆音
《桜狩図》
[前期展示]

イベントカタログ販売ご利用案内アクセス