企画展

ウェザーリポート
風景からアースワーク、そしてネオ・コスモグラフィア

クラウス・ダオフェン《HANAZAKARI 花ざかり》2008年 ©Klaus Dauven photo by Takeshige Yamaya

開催期間 2018年6月30日[土]- 8月26日[日]

「どんな天気でも、それはいい天気なんだ」
ドイツの彫刻家ヨーゼフ・ボイスは人間の都合とは無縁の自然の摂理をこう表現しました。巨大地震、津波、スーパー台風、連続豪雨、竜巻の突発、大洪水などが世界各地で頻発するこの21世紀になってもこの箴言は有効でしょうか。

このような気象現象を視覚化したのは風景画といわれています。しかし風景画は空間恐怖(ホロル・ヴァクイ)を克服すると同時に、空間の自由な表象化を固着し、今日の観光化された表象のモデルを提供することともなりました。

その一方で、風景画の成立に先立ってコスモグラフィアという地球画とも宇宙画とも呼ぶべき図像が誕生したことは美術においては重視されてきませんでした。それは天文学や地理学と美術が交差する機会がほとんどなかったからと考えられます。しかし、望遠鏡などの光学装置とヘリコプターや飛行機、宇宙探査機などの飛翔機械の目覚ましい発達によって、かつて風景画が提起した水平的眼差しとは異なる垂直的眼差しが美術に視覚革命ともいうべき事態をもたらしました。

本展は風景を成立させる基体としての大気の上層にある光源と地表、そして不可視の光源であるマグマを結ぶ垂直軸と地表的な水平軸の交差における眼差しのダイナミズムから美術における新たな世界画としてのネオ・コスモグラフィアの可能性を探る試みです。

開催場所: 企画展示室
観覧時間: 午前9時30分から午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日: 月曜日(7月16日は開館)、7月17日(火)
観覧料: 一般 800(700)円、大高生 500(400)円、中学生以下無料
*企画展観覧券でコレクション展もご覧いただけます。
*( )内は20名以上の団体料金
主 催: 栃木県立美術館
協 賛:
後 援: 朝日新聞宇都宮総局、NHK宇都宮放送局、エフエム栃木、産経新聞社宇都宮支局、下野新聞社、東京新聞宇都宮支局、とちぎテレビ、栃木放送、日本経済新聞社宇都宮支局、毎日新聞社宇都宮支局、読売新聞宇都宮支局
関連企画: ギャラリー・トーク
画像は下記リンクからご覧ください。
https://www.eai.org/titles/spiral-jetty
ロバート・スミッソン
《スパイラル・ジェッティ》
1970年
デジタル映像(オリジナルは16mmフィルム)35"
courtesy:Electronic Arts Intermix, Holt-Smithson Foundation, 東京国立近代美術館
靉嘔
《6×2×2×2 RAINBOW》
1984年
紙、シルクスクリーン
栃木県立美術館蔵
林武史
《石間―野 》
2018年
花崗岩
作家蔵
千葉麻十佳
《Melting Stone》
2017年
HDビデオ
作家蔵
日高理恵子
《樹を見上げてⅥ 》
1992年
彩色・紙本(麻紙・岩絵具)
水戸芸術館蔵
撮影:加藤健
松江泰治
《JP-05 10》
2008 年
発色現像方式印画
松本大氏蔵
山中信夫
《マンハッタンの太陽(1) 》
1980年
タイプCプリント
栃木県立美術館蔵(山中利正氏寄贈)
長重之
《反統合野012》
2013年
綿布、アクリル
作家蔵

バーチャルツアー

イベントカタログ販売ご利用案内アクセス