企画展[髙木修展 特異な空間へ]

髙木修展 特異な空間へ

特異な空間へ(部分)1984年 東京国立近代美術館(撮影 酒井啓之)

開催期間 2016年7月9日[土]- 2016年9月22日[木・祝]

髙木修(1944年生まれ)は、立体造形を中心とした制作で活躍している美術家です。1970年代以降、高松次郎の主宰した「塾」に学ぶと同時に、哲学者の市川浩にも師事しました。その創作活動は現在に至るまで一貫して、人間の身体感覚で周囲の環境をとらえ、空間を意識的に現出させようとするものです。その場には見えないのに、建築あるいは庭園のような広々とした空間を感じさせる、そんな魅力的な作品が多数あります。創作活動をとおして、人間と世界との関係を考え続けている美術家とも言えましょう。

編集者から造形表現の世界へ転身した経歴を持つ髙木修の仕事は、立体造形のみならず、パフォーマンスや写真、さらに映画評論と、幅広くしなやかに展開されています。

本展は、《特異な空間へ》(1984年、東京国立近代美術館蔵)、《Rの構造》(1984年、栃木県立美術館蔵)等の代表作をはじめとした立体作品と、1970年代の〈グループ361°〉のパフォーマンス写真などの約80点で構成し、栃木県茂木町出身の美術家の全貌を初めて紹介するものです。

主 催: 栃木県立美術館、下野新聞社
助 成: 芸術文化振興基金 、公益財団法人朝日新聞文化財団
後 援: 朝日新聞宇都宮総局、エフエム栃木、産経新聞社宇都宮支局、東京新聞宇都宮支局、とちぎテレビ、栃木放送、日本経済新聞社宇都宮支局、毎日新聞社宇都宮支局、読売新聞宇都宮支局 
開館時間: 午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
休館日: 月曜日(ただし、7月18日(月・祝)、9月19日(月・祝)は開館)、7月19日(火)、9月20日(火)
観覧料: 一般800(700)円、大高生500(400)円、中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
Rの構造
1984年
栃木県立美術館蔵
特異な空間へ
1984年
東京国立近代美術館蔵
Untitled                
1997年
東京国立近代美術館蔵
Untitled
2000年
Untitled        
2001年
Untitled        
2007年
Untitled 
2011年
Untitled
2015年
流れを変える(奥多摩)
1974年
中平卓馬へのオマージュ
1990年
GINZA
2005年
N.Y. 
2005年

バーチャルツアーイヴェントカタログインフォメーションアクセス