企画展

ピクチャー・イン・モーション De Luxe

ピクチャー・イン・モーション DeLuxe
開催期間 2005年10月23日(日)― 2005年12月18日(日)

2004年夏、老若男女たくさんの方々にお楽しみいただいた映像展PiMのデラックス版。

私たちの人生と併走するかのように、一つのフレームが無限に連鎖していくことによって成立する〈動く絵PiM〉。
今回はシンプルなデジタル映像のスタイルを保ちながらも、偶然と運命、創造と進化、虚と実、死と生、女と男、創造と破壊など芸術の永遠のテーマに旋風を巻き起こす6人のアーティストの映像作品を個展形式で紹介します。
〈デラックスPiM〉- それは観客のいないパフォーマンスであり、映像としてのみ成立するパフォーマンスであり、〈不在のパフォーマンス〉といえるかもしれません。

主 催: 栃木県立美術館
企 画: 山本和弘(栃木県立美術館特別学芸員)
会 場: 栃木県立美術館 集会室
料 金: 企画展の観覧料が必要です。
開催日&出品アーティスト

※最長25分の映像がループ上映されます。

2005年11月3日(木・祝)
10:00-13:30
松井智恵「KOJIMA」2002(24min)
Chie Matsui ‘KOJIMA’
栃木県立美術館蔵
13:30-17:00
田中功起「123456」2003(Loop System)
Koki Tanaka ’1,2,3,4,5,6’
栃木県立美術館蔵
2005年11月5日(土)
10:00-17:00
奥村雄樹「ビィ・ヒア・ナウ」2005(ループ再生)
Yuki Okumura ’Be Here Now’
協力:シンエイ動画
2005年11月19日(土)
10:00-17:00
小高敦子「ある日の記憶」2004(25min)
Atsuko Kotaka ‘Memory of One Day’
2005年12月3日(土)
10:00-17:00
森 弘治「Defocused Story」2004(2min32sec)
Hiroharu Mori ‘Defocused Story’
2005年12月17日(土)
10:00-17:00
タムラサトル「100kg Man」2004(1min10sec)
Satoru Tamura ‘100kg Man’

イベントカタログ販売ご利用案内アクセス