コレクション展

Collection 1 暮らしを彩る

島岡達三《塩釉徳利》1974年、《塩釉ぐい呑》1976年
撮影:乾 剛

開催期間 2018年4月14日[土]- 6月17日[日]

今回のコレクション展では、日々を豊かにし、喜びをもたらす工芸を、暮らしへのまなざしを伝える美術作品とあわせて展示します。

1階展示室では、着物と和装の人物画を取り合わせた「装う」、蔬菜図と碗や鉢を並べた「味わう」、文房具や香炉など室内の調度による「住む」という3つのシーンから紹介します。2階展示室では、春から初夏の季節感あふれる作品とともに「人々の暮らし」を見つめた美術作品を紹介します。

開催場所: 常設展示室1・2階
観覧時間: 午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
5月19日(土)は午後7時まで開館(入館は午後6時30分まで)
休館日: 月曜日(祝日、振替休日は開館して火曜休館。第72回栃木県芸術祭美術展会期中を除く)、展示替期間、年末年始
*詳しくは[ カレンダー ]をご覧ください。
観覧料: 一般 250(200)円、大高生 120(100)円、中学生以下無料
*企画展観覧券でコレクション展もご覧いただけます。
*( )内は20名以上の団体料金

 

イベントカタログ販売ご利用案内アクセス