企画展 [河野次郎と明治・大正の画人ネットワーク]

河野次郎と明治・大正の画人ネットワーク

開催期間 2015年1月10日(土)― 2015年3月22日(日)

河野次郎(1856-1934)は、足利藩の江戸藩邸に生まれ、明治時代の最初期に師範学校の図画教員として活躍しました。大正時代を代表する画家、河野通勢の父として、その画業に少なからず影響を与えたことが知られています。そのほかにも師範学校時代の教え子のなかには、若き日の画家、中村不折などがいました。

最初、田﨑草雲に南画を学んだ後、再び上京して洋画を学んでいます。高橋由一に師事したといわれ、油彩画や水彩画だけでなく、銅版画や石版画もよくし、後年は写真家としても活躍しました。西洋文化の移入と摂取が国家的な課題とされた明治時代の初めに、持ち前の好奇心で、次々と西洋美術の世界を自分のものとしていったパイオニアの一人です。

本展は、足利市立美術館に多数ご寄贈された河野次郎の絵画や資料を中心に、長野県信濃美術館や名古屋市美術館、調布市武者小路実篤記念館、信濃教育博物館、神奈川県立近代美術館の所蔵作品や寄託作品をあわせて構成し、約150点で郷土が生んだ知られざる画家に焦点を当てるものです。

また、子の通勢ほか、師と仰いだ田﨑草雲と高橋由一、親子で親交のあった牧島如鳩などの作品約50点を足利市立美術館及び栃木県立美術館のコレクションから加え、足利を中心とした画家たちのネットワークの一端をご紹介します。

主 催: 栃木県立美術館
特別協力: 足利市立美術館
助 成: 公益財団法人ポーラ美術振興財団
後 援: 朝日新聞宇都宮総局、NHK宇都宮放送局、エフエム栃木、産経新聞社宇都宮支局、 下野新聞社、東京新聞宇都宮支局、とちぎテレビ、栃木放送、日本経済新聞社宇都宮支局、毎日新聞社宇都宮支局、読売新聞宇都宮支局
河野次郎《長野郊外》
1892年
長野県信濃美術館蔵
河野次郎《橋にたたずむ人物》
制作年不詳
足利市立美術館蔵
河野次郎《山道を歩く人物》
制作年不詳
足利市立美術館蔵
河野次郎《川沿いの家》
制作年不詳
足利市立美術館蔵
河野次郎《渓谷》
1931年
調布市武者小路実篤記念館蔵
河野次郎《猫と薔薇》
制作年不詳
個人蔵(名古屋市美術館寄託)
河野通勢《三人の乞食》
1916年2月17日
長野県信濃美術館蔵
河野通勢《風景》
1916年
調布市武者小路実篤記念館蔵
田崎草雲《人物画巻》(部分)
制作年不詳
草雲美術館蔵
牧島如鳩《医術》
1929年
足利市立美術館蔵