企画展 [清水登之のすべて]

清水登之のすべて

企画展 [清水登之のすべて]

《パリ夜街》 1926年

開催期間 2007年1月14日(日)― 2007年3月4日(日)

1887[明治20]年、栃木市に生まれた清水登之は若くして単身渡米、はじめシアトルで、1917[大正6]年からはニューヨークで働きながら美術を学びました。ニューヨークではアート・スチューデンツ・リーグでジョン・スローンに師事、ユーモアとペーソスにあふれた庶民生活を描く作品は高く評価されています。1924年、家族と共にパリに移り、キュビスムをはじめとする新しい絵画に触れながら、物語性豊かな作風を発展させました。1927[昭和2]年に帰国、独立美術協会の創立に参加し、その中心メンバーとして活躍、日本的な主題に取り組むと共に、中国や東南アジアをも旅し、各地の人々や風景、さらには日本軍の作戦行動を記録する作品も描いています。1945年2月、疎開先の生家で亡くなりました。
本展覧会では栃木県立美術館が所蔵する120点に及ぶ清水登之の全作品を一堂に展示します。あわせて清水登之と交流のあった田中保、石垣栄太郎、古田土雅堂、ジョン・スローンらの作品と関連する資料類を展示し、清水登之の画業とその生きた時代を紹介します。

主 催: 栃木県立美術館、栃木市
後 援: 朝日新聞宇都宮総局、NHK宇都宮放送局エフエム栃木下野新聞社とちぎテレビ栃木放送、毎日新聞宇都宮支局、読売新聞宇都宮支局
《C嬢の肖像》1915年 《プロクター座前》1922年
《セーヌ河畔》1924年 《兵隊と僧侶(トレド郊外)》1925年
《地に憩う》1930年 《池畔》1930年
《戦蹟》1937年 《難民群》1941年