コレクション展

Collection 3 カラフル!

川上澄生《ろまんちっく手摺千代紙 その十四》1935年

開催期間 2018年11月2日[金]- 12月24日[月・振休]

今回のテーマは「カラフル!」です。色彩に着目して、所蔵品をご紹介します。
常設展示室2階では、川上澄生の《ろまんちっく手摺千代紙》という、1935年に版画荘から出版されたかわいらしい千代紙や、飯田善國の《クロマトポイエマ》(1972年)など、色鮮やかな多色刷の版画を多数展示します。
また、展示室1階では、石川寒巌の描く静物と、高島北海の《北海花影箋》をたっぷりご紹介します。
長らく貸出中でした、J・M・W・ターナー《風景、タンバリンをもつ女》も久しぶりに常設展示室2階に戻りました。その他の出品作品は、目録をご覧ください。

※会期中の展示替えはありません。

開催場所: 常設展示室1・2階
観覧時間: 午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
休館日: 月曜日(祝日、振替休日は開館して火曜休館。第72回栃木県芸術祭美術展会期中を除く)、展示替期間、年末年始
*詳しくは[ カレンダー ]をご覧ください。
観覧料: 一般 250(200)円、大高生 120(100)円、中学生以下無料
*企画展観覧券でコレクション展もご覧いただけます。
*( )内は20名以上の団体料金

イベントカタログ販売ご利用案内アクセス