オーガスタス・エッグ ≪旅の道連れ≫ 1862年、バーミンガム市立美術館
©Birmingham Museums & Art Gallery

鉄道と絵画 -夢はこぶモダン列車
Railways in Art: Inventing the Modern

2003年11月1日(土)〜2003年12月23日(火・祝)

 19世紀の初めに実用化された蒸気機関車による鉄道は、近代科学技術の重要な発明であり、物資の輸送手段として、また革新的な交通手段として、人々の行動半径を一挙に拡大するような大転換をもたらしました。鉄道という視点から近代美術を見直すと、鉄道開発時代の沿線風景版画はもとより、イギリスの風景画やヴィクトリア朝の風俗画、ドーミエの漫画やフランスの印象派による都市風景や田舎の風景、さらには未来派の速度のイメージや、シュルレアリストの心象風景にいたるまで、実に多様な展開を見せていることに気づきます。近代の日本においても、鉄道錦絵を始めとして、記憶に残る絵画や版画が少なからず存在していますし、また、ポスターや写真、映像などのメディアでも、鉄道の速度や機械の美が重要なモティーフになっていることも忘れることはできません。
 本展は、19世紀のイギリス、フランスを皮切りに、20世紀のアメリカや戦前の日本に至るまで、鉄道に関わる作品を、初めて本格的に集成した展覧会です。欧米から日本までの作家約130人による、絵画、版画、写真あわせて、約200点を展観いたします。それによってさまざまな近代をめぐる表現が、鉄道という新しい視点から、鮮やかに浮かび上がってくることでしょう。

クロード・モネ
≪サン=ラザール駅:駅の前の線路≫
1877年
ポーラ美術館(ポーラ・コレクション)

トマス・タルボット・ベリー
「サンキー・ヴァレーにかかる高架橋」
(『リヴァプール・アンド・マンチェスター鉄道の彩色風景』より)
1831年刊
栃木県立美術館

オノレ・ドーミエ
「屋上席で旅する楽しみ」
(≪鉄道の相貌≫より)
1852年
アルベルティーナ美術館
© Albertina, Wien

フランシス・F.パーマー
≪「稲妻特急」列車、「連絡駅を出発する」≫
1863年
ニューヨーク市立美術館
© The Museum of the City of New York, The Harry T. Peters Collection

三代歌川広重
≪東京汐留鉄道御開業祭礼図≫
1872年
交通博物館

長谷川利行
≪汽罐車庫≫
1928年
交通博物館

松本竣介
≪鉄橋近く≫
1944年
岩手県立美術館

小関庄太郎
≪遠い汽車≫
1941年
福島県立美術館